「効率化」vs「丁寧な暮らし」

本やインターネットの記事などを見ていると、「家事の効率化」を勧めるものと、「丁寧な暮らし」として効率よりも人間や環境にやさしい家事の方法を勧めるものと、家事の二極化があるように思います。

忙しい現代人にとって、効率化を求めるのも当然だと思いますし、一方で化学薬品の弊害なども気になって、丁寧な暮らしに目が向いていくのも時代の流れかと思います。では一体どちらが正しいのか。答えはもちろん、人それぞれです。

私の場合は、食洗機や冷凍食品も活用して、効率化を図っていますが、これはというものには手をかけるようにしています。洗濯に関しては、石鹸洗剤を溶かすために何度も洗濯機を止めては動かす、という面倒なことをしています。肌が弱く、石鹸洗剤を使っている方が調子良かったからなのですが、効率化とは程遠いなと自分でも思います。

このように、どちらかを「選ばなければならない」ではなく、「自分のこだわりたいところにはこだわる」ということで良いのではないでしょうか。白になったり黒になったり、時には灰色になったりもしてみましょう。

 

MEDI心理カウンセリング大阪

公認心理師・臨床心理士 可児

一覧に戻る>