少しずつでも適応してきた自分に『お疲れさま』を

皆様、こんにちは。

関西に緊急事態宣言が出され、当カウンセリングルームでは、カウンセリングは基本的にはオンラインで、ということになりました。

そのことをカウンセリングを受けてくださっているクライエント様にご連絡すると、前回(去年)の緊急事態宣言の時よりも皆様落ち着いている気がしています。また、オンラインカウンセリングにも以前より抵抗が少ない方が増えた印象を受けています。

『慣れ』というのは緊張感が下がっているということで、感染拡大の防止という観点では、あまり良くない面もあるかもしれません。しかし、心の面から見ると、「この1年、みんな不安で苦しいながらも、いろいろがんばって生活の変化に適応してきた」とも言えます。

心の不調を感じておられる方の中には、自分は適応するのが苦手だと思っている方もいらっしゃるかもしれません。けれど、社会の状況を見ていると、『どんな人にも、スピードの遅い速いなどの違いはあれ、適応し慣れていく力はある』ということを示してくれてもいます。そのことは1年を振り返ってみると、皆様何らかの形で感じられるのではないでしょうか。

もちろん感染予防に努めながらではありますが、ふと心が沈んだ時や疲れた時には、「この1年、いろいろあっても少しずつでも変化に適応してきたな」と、自分に『お疲れ様』と語りかける時間を持ってみてもよいと思います。

(文責:中山)

一覧に戻る>