迷ってもよい子育て

子育てにおいて、例えば「無添加のもの以外は一度も食べさせたことがない」といえるのは、親として素晴らしいことでしょう。

しかし、それにこだわるあまり、イライラして物に当たったり他の家族に八つ当たりをしたりしていたら、子どもはどう思うでしょうか。

育児の中で「ここだけは譲れない」という部分を持っておくことは大切なことですが、「何のためにその自分ルールを作ったのか?」ということを、時には思い出してみるのも必要です。本末転倒なことになるくらいなら、少しくらい自分で決めたルールもお休みしてみましょう。

カウンセリングでは、こういった心の柔軟体操をするお手伝いができればと思っております。

 

MEDI心理カウンセリング大阪

公認心理師・臨床心理士  可児

一覧に戻る>