悪いのは誰のせい!?

人間関係でトラブルがあったときに、いつも自分のせいと決めつけて、自己嫌悪に陥ることはありませんか?たとえば、喧嘩をしてしまうのは、自分が人を怒らせるような発言をしたからだ、など。人間関係は相互作用ですので、100%どちらかが悪いということはありえません。では逆に、相手が悪いと考えてしまえば楽になるのでしょうか?自分を責めてしまうときに、無理に相手のせいと思いこもうとするのも難しいですよね。

そんなときは、自分のせいでも相手のせいでもない、時の運のせいにしてみませんか?今回は運が悪かった、時期が悪かったせいだ、と考えてみると、少し楽になるかもしれません。

(文責:可児)

一覧に戻る>