客観的に見るということ

クリティカルシンキング(批判的な思考と訳されています)は、科学の分野だけでなくビジネスでも重要とされていますが、日本語で批判というとマイナスなイメージがありませんか?この場合の批判には、物事を客観的に見るということを表し、プラスの面もマイナスの面も偏りなく考えることが大事です。

カウンセリングの場でも、客観的に見るということはとても重要です。

カウンセリングに来られる方は、何か困っていることがあって来られるのですから、自然と話題がネガティブなことで占められていきます。

そんな中、カウンセラーが気分の良いときや楽しいことをお尋ねすると、「そんなの関係ないのに」と思われるかもしれません。ですが、その方の良い面も知って包括的な支援をできればと思っておりますので、困りごとと直接的には関係のない話でもしてみてくださいね。

 

MEDI心理カウンセリング大阪

公認心理師・臨床心理士 可児

一覧に戻る>