外出自粛生活

不要不急の外出控えが呼びかけられてから約1年、大阪には3度目の緊急事態宣言が出されました。

そんな中、1日中どこへも出かけない生活を続けていると、私は出産直後のことを思い出します。

赤ちゃんが生まれてから2、3ヶ月の間は、親はあまり外出ができません。楽しみといえば読書で、普段はざっとしか目を通さない新聞も隅々まで読んでいました。インターネットもありましたが、今ほどコンテンツは充実していませんでした。

今は世界中の人々が同じ状況ですので、だいぶ事情は違います。おうち時間を楽しもうとのコンセプトで、さまざまな試みがなされています。当カウンセリングルームでもオンラインカウンセリングを始めましたが、オンラインでいろいろなサービスやレッスンを受けられて便利だなと感じています。

出産直後に限らず、療養や介護などで外出があまりできない方もいらっしゃると思います。感染症の収束が見えた後も、そういったオンラインでのサービスを、引き続き選択できる世の中であってほしいなと思います。

MEDI心理カウンセリング大阪

公認心理師・臨床心理士  可児

一覧に戻る>