変わるものと変わらないもの

あと数日で2020年が終わろうとしていますが、皆様にとって2020年はどのような年だったでしょうか。

今年は、新型コロナウイルスの感染拡大によって、多くの方は生活様式が一変した年だったという実感を持っておられるのではないでしょうか。

今年に限らず、時代は常に移り変わっていきます。それと共に、それまで当たり前だったことが当たり前でなくなったり、違うスタイルのものが実生活に取り込まれたり。その都度私たちも自分のあり方をアップデートしてきました。

しかし、人間の心は全てがそう簡単に変化するものでもなく、生活様式は変わったけど心が着いていかない、ということもあるかもしれません。そんな時は、これまで自分が慣れ親しんできた快適なものに触れたり立ち還ったりして良いと私は思います。

変化は否応なく起こります。けれど、変化しないものもあって良い。この年末年始、変化するものとしないものを今一度ゆっくり味わって、大きな波の只中にいた自分自身を癒す時間を持っていただけたらと思います。

(文責:中山)

一覧に戻る>