初回カウンセリング(インテーク面接)について

 暑い日が続いていますが、お変わりありませんか。

 カウンセリングでは何をするのだろうか?という疑問をお持ちの方も少なくないだろうと思い、本日の記事を書くことにしました。

 まず、初回のカウンセリング(当カウンセリングルームでは、インテーク面接とも呼びます)では、お困りのことやこれまでの経過など、詳しくお話をお聞かせいただきます。また、場合によっては、インテーク面接を終えて収集した情報をもとに、セラピスト間でだれが担当するかを話し合い、最もお役に立てそうなセラピストを担当としています。クライエント(以下、Cl)の皆さんが、2回目以降のカウンセリングから基本的に毎回お会いするのが、この担当セラピストです。ゆえに、こちらの都合もあり恐縮ですが、初回カウンセリングでは積極的な介入や問題解決を行うといったことはしづらく、その点はご理解いただけますと幸いです。

 初回カウンセリングはとても重要です。 当カウンセリングルームではカウンセリングのお申し込みはメールでお願いしておりますが、この段階でのお困りごとやお悩みは、抽象的であることが多いので、セラピストとクライエントの間でも、なかなか共通認識になりづらいというのが、現状です。そこで、インテーク面接において、抽象的な困りごとやお悩みを具体的にすることで、希望や目標、セラピストとクライエントの双方においてすべきことがはっきりしていきます。また、具体的にすることで、目標や希望の達成までにクリアする必要のある事柄や時間など、ある程度見通しを立てることが可能になります。よって、実はこの時間はとても重要になります。

(文責:福原)

一覧に戻る>