アンガーマネジメント③

前回②では、自分の怒りを知ることについて書きました。

怒りの正体を知ったら、次は対処する方法を学びます。

怒りを感じたときに、表出するまでに思いとどまり、他の行動(代替行動)に代えていきます。

一般的に、怒りのピークは6秒といわれています。6秒の間に怒りに即座に反応せず乗り切れれば、怒りに囚われずに冷静な選択ができるのです。一度、怒りに囚われてしまうと、自分でも制御できなくなるという悪循環に陥ってしまいます。この6秒をやり過ごすための方法として、呪文のように言葉を唱えたり、100から3を引くなど単純な計算をしたり、などといったものがあります。色々な方法がありますが、人によって好みもありますので、色々と試して合ったものを選んでくださいね。

続きはこちら→

MEDI心理カウンセリング大阪

公認心理師・臨床心理士 可児

一覧に戻る>