よくなる・回復するということ②

前回からの続きになります。

*******

クライエントさんが、過去の傷を癒しつつ、未来へ目を向けられるように今、伴走をしていくのが、私たちの仕事だと考えています。

そのうえで、過去も見つつ、今についてもアセスメント(評価)していくことが大事です。

たとえば、食事、睡眠といった基本的な生活についてはどうなっているのか。

食事をまともに摂れていないとしたら、まずはそこからサポートすることが必須です。

なぜならば、カウンセリングを受けることにも、ある程度の体力や労力が必要になるからです。

 

MEDI心理カウンセリング大阪

公認心理師・臨床心理士 福原

一覧に戻る>