臨床心理士が運営する、臨床心理士になるための大学院予備校

 

「公認心理師資格試験」準備・対策講座一覧

 IPSA心理学大学院予備校では、2018年度より「公認心理師資格試験」の対策講座、及び準備講座として以下のものの提供を考えております。


緊急開催:公認心理師 準備講習会(姉妹法人 国際心理支援協会提供)

   期間・場所:3月3日、4日、17日、18日(大阪)

   回数・時間数:全4回(1日からお申込み可能)

   料金・授業内容:1日7800円(サイトをご参照ください)


1.公認心理師資格「準備パック」(臨床心理学や精神医学、基礎心理学、推測統計学の基礎の学習/復習)

   期間・場所:4月〜8月末、東京・大阪

   回数・時間数:全17回(約68時間+基礎心理学の動画、但し休憩時間や演習時間も含む)

   料金・授業内容:下記の料金表を参照。


2.公認心理師資格「対策講座」

   期間:6月〜8月、東京・大阪・その他未定

   回数・時間数:全2〜4回程度(時間数未定)

   料金・授業内容:3〜10万円未満。国家資格試験の出題傾向・出題範囲が明らかになり次第、精神保健福祉士国家試験や臨床心理士資格試験を参考に、どのような出題がなされるかを予想し、備校としてのノウハウを活かした対策のための授業を行います。


3.公認心理師資格試験「模擬試験」

   期間:6月〜8月頃(予定)、東京・大阪・その他未定

   回数・時間数:全1〜2回(約3〜4時間×2日[1日を模試の実施、もう1日を解答解説])

   料金・内容:1〜2万円程度(予定)。国家資格試験の出題傾向・出題範囲が明らかになり次第、精神保健福祉士国家試験や臨床心理士資格試験を参考に、どのような出題がなされるかを予想し、予備校としてのノウハウを活かした対策のための模試を行います。


4.公認心理師資格試験「勉強会」

   期間:未定。

   回数・時間数:未定(時間数も未定)

   料金・内容:3,000〜4,000円程度(予定)。


予備校受講料金

1.公認心理師資格準備パックの受講料

公認心理師資格準備パックは、「公認心理師/臨床心理士の大学院入試対策」の本課コースのうち、臨床心理学や精神医学・推測統計学・基礎心理学の部分のみ受けることのできるパックです(半年コースのみ。4月〜8月)。内容としては、基本的に大学院入試対策の内容ではありますが、心理学や統計学の基礎を公認心理師資格試験の対策として学び直していただくための講座パックです。

*公認心理師資格試験の専用講座ではないことをご注意ください。

*表の大学生協書籍部価格は、IPSA心理学大学院予備校では「学割」という形で大学生に適用させていただきます。

*代理店書店価格や提携校通学は、IPSA心理学大学院予備校では適用がありません。

*IPSA心理学大学院予備校では、フォローはWebフォロー(Eラーニング)のみです。

 

講義科目

科目:基礎心理学、臨床心理学、心理英語、論文指導、研究計画書指導

※ いずれのクラスも人数が集まらなかった場合、開講とならない場合があります。
※ 前期=4月/5月~9月、 後期=9月~2月半ば
※ 授業をお休みされた場合、Eラーニングでの受講が可能です。
中途解約に関する「公認心理師資格準備パック」料金・施設利用料についての内規

お申し込み・お問い合わせ・資料請求はこちらから