臨床心理士が運営する、臨床心理士になるための大学院予備校

  • HOME
  • >
  • 本校の特長

IPSA臨床心理士大学院予備校の特長

  • 1. 割安料金設定 テキスト代も含めても安価で、上質の授業を受けることができます。
  • 2. 全国出版テキスト 本校独自テキストが全国出版されています(臨床心理士試験対策標準テキスト、臨床心理士試験対策心理学頻出キーワード、基礎から学べる心理英語[いずれも秀和システム])。
  • 3. 英語教育 英語の予備校代表講師は、高校教員免許(英語科)を所持。英語の達人専門学校Aquaries School の部長を兼任するプロ講師でもある臨床心理士。大手予備校とは異なり、臨床心理士大学院入試用の独自の教授法を用います。また、全国出版テキストを用います。
  • 4. 通学の便利さ 東京校(LEC校舎)は、JR水道橋駅から徒歩3分。IPSA大阪校は、各線大阪・梅田駅から徒歩圏内(15分程度)、南森町駅からは徒歩7分。LECお梅田駅前本校は、阪急梅田駅より徒歩1分。その他全国のLEC校舎も最寄り駅から近い位置にあります。
  • 5. 少人数授業 比較的少人数できめ細かな対応をします。学習ペースも個々人に合わせられるよう、場合によっては適宜マンツーマンレッスンなども対応いたします(個別・有料・東京/大阪のみ・Skypeの場合あり)。東京・大阪以外は応相談。
  • 6. 現場重視の実践的授業 予備校(大阪)にはカウンセリングルーム併設のため、講師も常に臨床経験を積んでいる第一線の臨床心理士。1年コースでは、簡単な心理テストや心理療法、統計ソフトの使い方までお教えします。全国唯一の指定大学院の実習機関でもあるため、モチベーションにもつながります。
  • 7. 補講について 安心して必要な部分のみ、必要な時間だけの補講も受けられます。 万が一予備校授業に出られなかった場合、補講のためのEラーニングで受講することができます。
  • 8. 志望校の相談 志望校の相談も常に受け付けています。東京・大阪をはじめとした全国的に志望校の相談をお受けします。
  • 9. 受験対策 志望校によって出題内容が異なるため、受験直前1か月には各受験校に合わせた過去問の模擬練習や模試、分析を行います。
  • 10. 自習室全国のLEC校舎では、自習室を使っていただくことが可能です(ただし、一部例外日時あり。IPSA大阪校を除く。)
  • 11. 設置資料 各種心理学や英語学習資料や、大学院の情報資料や過去問、研究計画書を練る際に便利な学会誌などが置いてあります(大阪。東京で希望される場合はあらかじめ予約が必要です)。
  • 12. 院入学後、資格取得後フォロー体勢 大学院に入ってからのフォローも万全(研究会や研修会に優先的に参加可能)、卒業生・弊所の臨床心理士になってからも、大手予備校にはない就職に役立つコネクション(臨床心理士の就職は特殊なため、人と人とのつながりが大切です)・研修機会が得られます。詳しくはこちら
  • 英語だけ苦手な方の大学院心理英語のクラスに関してはお問い合わせください。
  • TOEICの点数を試験に用いる大学院もあり、1か月で点数が200点超上がりました!
  • 部分受講(心理学のみ、英語のみetc.)に関してはお問い合わせください。
  • 当予備校から4種類のテキストを出版しています。
まずはお問い合わせフォームでご連絡・ご予約の後、予備校入学無料相談にお越しください。

臨床心理士についてはこちら
臨床心理士になるために必要な内容はこちら
臨床心理士指定大学院についてはこちら

お申し込み・お問い合わせ・資料請求はこちらから