臨床心理士が運営する、臨床心理士になるための大学院予備校

  • HOME
  • >
  • 臨床心理士について

臨床心理士について

臨床心理士とは

臨床心理士とは、文部科学省の認可する財団法人日本臨床心理士資格認定協会が認める臨床心理学・カウンセリングに関する認定資格で、日本で最も信頼と実績のある心理関係の資格です。臨床心理士の職能団体としては、日本臨床心理士会のほか、各都道府県に東京都臨床心理士会、大阪府臨床心理士会といった団体が設置されています。

臨床心理士と出会うには

臨床心理士と出会うためには、GoogleやYahoo!などの検索エンジンから検索したり、日本臨床心理士会が運営する「臨床心理士に出会うには」を利用することができます。

また、弊校「IPSA臨床心理士大学院予備校」を運営するMEDI心理カウンセリングでは、関東・関西(特に東京、大阪、神戸)での臨床心理士のつながりを持っているため、臨床心理士への取材や講演依頼が必要な場合、臨床心理士を派遣、ご紹介することが可能です。MEDI心理カウンセリングによる臨床心理士のカウンセリングに関しては現在、大阪か神戸のみとなりますのでご注意ください。

臨床心理士になるために

臨床心理士になるには、財団法人臨床心理士資格認定協会が認定する「臨床心理士指定大学院」の修士課程か専門職学位課程を修了し、修了後に臨床心理士資格試験を受験して合格する必要があります。
「臨床心理士指定大学院」の受験資格として、4年制大学を卒業していることが必要です。臨床心理士指定大学院のある大学など、もともと臨床心理士になるための学習をしてきた方はともかく、臨床心理士の仕事や学習に縁がなかった方は、独学で勉強するか、弊校「IPSA臨床心理士大学院予備校」のような、臨床心理士指定大学院への受験対策を行う予備校に通って学んでいただくことが選択肢となってきます。

IPSA臨床心理士大学院予備校では、独学または予備校で使うテキストとして「臨床心理士試験対策心理学頻出キーワード集」や「臨床心理士試験対策心理学標準テキスト(2014年3月刊行予定)」、「はじめての心理英語(臨床心理士指定大学院入試対応)」(いずれも秀和システム)を全国出版しており、全国の書店でお買い求めいただけます。

 

臨床心理士になるために必要な内容はこちら

臨床心理士に関連するリンク集はこちら

 

お申し込み・お問い合わせ・資料請求はこちらから