MEDIメルマガ(無料) 迷われている方へ。カウンセリングや心理療法についてご紹介します。
お問い合わせ・ご予約はこちら(完全予約制) 
MEDI心理カウンセリング大阪について

臨床心理士の独自性

臨床心理士とは、文部科学省の認可する財団法人 日本臨床心理士資格認定協会から与えられた
資格で、大学院を修了して研鑽を積み、認定試験に合格したものだけに与えられるものです。

決して「臨床心理士は全て素晴らしくて、他はダメだ」と述べるつもりはありませんし、
カウンセラーの才能や人間性、クライエントとの相性など、臨床心理士でも、いいカウンセラーに
必ずあたるとは決して言えません。ただ、臨床心理士には、いくつかのメリットがあります。

1.賠償責任保険が資格に付帯している。

万が一訴訟沙汰となったとき、臨床心理士のような保険がついていなければ、
「カウンセラーの支払い能力なし」ということで損害賠償が支払われない場合がある。

2.治療構造を守るように教育されている

時間や場所(喫茶店などはダメ)、料金のルールを決めることで治療関係が守られ、治療促進効果がある。

3.体系的な学習をしないと資格を取れないため、極端に偏りにくい

広範囲の試験内容をクリアするため、苦手な分野でもある一定の学習はしている。

4.定期的な研修とスーパーヴィジョンを受ける機会が提供され、義務付けられている。

他の資格ではなかなか充実できないほどの研修機会を得ることができ、客観的にカウンセリングを捉える
機会であるスーパーヴィジョンにより、悪い方向に進みかけても修正が比較的容易。

5.資格の更新制度がある

臨床心理士は5年ごとの更新制度があるため、上記研修機会を持たないなど不良の場合は
資格が更新できないようになっている。

「心理カウンセラー」の資格には、数か月や数週間の自宅学習などで取ることのできる資格も
あるようですが、どれだけトレーニングしても、十分ではない面があります。

臨床心理士は生涯の研修機会が与えられている数少ない心理の資格です。
当カウンセリングルームにおいては、その臨床心理士の中でもさらに良いセラピストのみを
採用するよう心がけております。